12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フランス料理クラス

1_20160830140828423.jpg

毎回好評のフランス料理クラス
メニューはこちら。
• Cassoulet
(カスレ)
• Salade Méditerranéenne
(地中海風サラダ)
日時:11/27(日)10h30~13h00
(試食を含む)
受講料:7,500円(材料費込み)
>>詳しくはこちら!

第38回 Salon de lecture 開講

9782090318586.jpg

毎回1冊の本について感想を自由に述べ合う「Salon de Lecture」。 38回目の今回はLouis Pergaudの「La guerre des boutons」を取り上げます。
【あらすじ】
南仏の片田舎の村に巻き起こる 子どもたちのほのぼの大戦争。 フレンチ悪ガキの大傑作! 南フランス、美しい自然に囲まれ平和な風景が広がる小さなふたつの村ロンジュヴェルヌとヴェルラン。ところが、子どもたちの世界だけは違っていた。隣合った村の子どもたちはいまだ戦争状態にあったのだ。勝利の勲章は、敵側のガキ大将の服のボタンを奪うこと。ボタンを取られまいと、ある日、素っ裸で戦う奇策に出るが……。
有名なフランス文学作品を語彙数を限定してリライトしたシリーズなので非常に読みやすくなっています。
>>詳しくはこちら!

フランス語会話サロン

salon.jpg せっかく学習してもなかなか話す機会がなくて...と思いの方、会話サロンにいらっしゃいませんか?
チケット制・少人数制・入会随時、いつでも気軽に始められます!
カフェのようなリラックスした雰囲気でコーヒーを飲みながら楽しく話しましょう。
>>詳しくはこちら!

ホストファミリー大募集!

日本語を学ぶフランス語圏研修生をホームステイさせていただけませんか?「当校の日本語短期研修のために来日する学生に、日本文化に触れる機会を!」という考えから、日本滞在中のホームステイを提案しております。
>>詳しくはこちら!

Espace Langue tokyo

エスパス・ラング東京は、フランス語を学ぶ私たちと日本語を学ぶフランス語圏の人とが共に集まる空間(エスパス)として、お互いが刺激を受け合いながら言葉の上達と文化の吸収を目指すために1998年につくられた日本で初めてのEcole bilingue(フランス語と日本語のバイリンガル学校)です。言葉(ラング)の勉強もさる事ながら、勉強以外のさまざまな課外活動を通して、日本・フランスそれぞれの文化に触れ、視野を広げることができるエスパスであることを目指しています。

エスパス・ラング東京
渋谷区神宮前6-28-6
キュープラザ原宿 5F
TEL: 03-3486-0120
http://www.espacelanguetokyo.com/

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

日本にいながらフランス留学

4.jpg

日本にいながらにして、フランスに留学しているかのような体験ができる、当校オリジナルのプログラム。 在日フランス人家庭にホームステイしながら、毎日5時間のフランス語集中レッスンで、フランス語漬けの5日間を過ごします。
フランス語の短期上達を目指す方、フランスに留学したいけれど不安、時間があまりない、費用が・・・という方にぜひぜひお勧めしたい企画です。
2016年1月30日(土)16時〜17時半
説明会開催(予約制)

興味をお持ちの方はお気軽にご参加・お問い合わせください。
>>詳しくはこちら!

検索フォーム

第31回 Salon de lecture 「Rue des Boutiques Obscures」

2015.01.20 12:25|Salon de lecture
毎回1冊の本について、感想、疑問点などを自由に話し合う「Salon de Lecture」。
31回目は「Rue des Boutiques Obscures」に決まりました。
01009307851.gif
2014年ノーベル賞に輝いたパトリック・モディアノの作品です。
フランスだけではなく世界中から賞賛を浴びた作品を読んでみませんか。

雪景色の中、突然の悲劇に引き裂かれた恋人たち。記憶をなくした男が失われた
時を求め、ドイツ占領下のパリの街をさまよう…。
簡潔な文体で描かれるミステリアスな作品の世界を味わってみませんか。

日程:2015年3月1日(日) 13h30~15h00 
講師:Benjamin GUILBERT バンジャマン・ギルベール 
参加費:会話サロンのチケット1回分
※チケットをお持ちでない方は1回3,090円で参加できます。
(通常授業の振替チケットは利用できません)

作品:「Rue des Boutiques Obscures」(暗いブティック通り)
作家: Patrick Modiano(パトリック・モディアノ)
1004015-Patrick_Modiano.jpg
参加者は事前に本を読んでおいて下さい(本は当校でも購入できます)。
お申し込みは電話やメール、当校受付にて。
皆さんの参加、お待ちしております。

↓↓学校に関する詳しいお問い合わせはこちらをクリック


TEL.: 03-3486-0120(受付時間 月~金:12~20h、土日10~18h)
渋谷区神宮前6-31-21 オリンピアアネックス 6F
e-mail : info@eltokyo.jp(終日受付。但し返信に少しお時間をいただく場合があります)


ブログランキングに参加しています。
ご訪問、応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

第30回 Salon de lecture 「L'étranger」

2014.10.30 20:28|Salon de lecture
毎回1冊の本について、感想、疑問点などを自由に話し合う
「Salon de Lecture」。
30回目は「L'étranger」に決まりました!

letranger.jpg

日程:11月30日(日) 13h30~15h00 
講師:Benjamin GUILBERT バンジャマン・ギルベール 
参加費:会話サロンのチケット1回分
※チケットをお持ちでない方は1回3,090円で参加できます。
(通常授業の振替チケットは利用できません)

作品:「L'etranger」(異邦人)
作家: Albert CAMUS(アルベール・カミュ)

「今日ママンが死んだ・・・」で始まるカミュの代表作。
カミュを知らずにフランス文学、フランス語は語れない。

母の葬儀の際、泣かなかったことから冷淡な人間だと周りから
見られてしまう主人公ムルソー。彼の心の底の思いとは裏腹に
彼を取り巻く周囲の環境は、灼熱の太陽のように熱く、目まぐ
るしく変わって行く。

太陽が眩しくて殺してしまった・・・。
カミュの描きたい「不条理」とは・・・。


etranger.jpg


参加者は事前に本を読んでおいて下さい(本は当校でも購入できます)
お申し込みは電話やメール、当校受付にて。
皆さんの参加、お待ちしております。


↓↓学校に関する詳しいお問い合わせはこちらをクリック


TEL.: 03-3486-0120(受付時間 月~金:12~20h、土日10~18h)
渋谷区神宮前6-31-21 オリンピアアネックス 6F
e-mail : info@eltokyo.jp(終日受付。但し返信に少しお時間をいただく場合があります)


ブログランキングに参加しています。
ご訪問、応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

第29回 Salon de lecture

2014.07.23 16:34|Salon de lecture
毎回1冊の本について、感想、疑問点などを自由に話し合う「Salon de Lecture」
今回は、フランソワーズ・サガンの処女作「悲しみよこんにちは」を取り上げます。

bonjourtristesse_20140723163649fd4.jpg

日程:2014年8月31日(日)13h30~15h00 
講師:Benjamin GUILBERT バンジャマン・ギルベール
参加費:会話サロンのチケット1回分
※チケットをお持ちでない方は1回3,090円で参加できます。
(通常授業の振替チケットは利用できません)

作品:「Bonjour tristesse」
   (邦題:悲しみよこんにちは)
作家: Françoise Sagan(フランソワーズ・サガン)

フランス文学の中でも有名な作品、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
これを機にサガン独特の世界に浸かってみませんか。

コートダジュールの別荘を舞台に17歳の少女セシルの一夏、思春期の心の葛藤を描いた
世界的ベストセラー小説。

参加者は事前に本を読んでおいてください(本は当校でも購入できます)
お申し込みは電話やメール、当校受付にて。
皆さんの参加、お待ちしております。

↓↓学校に関する詳しいお問い合わせはこちらをクリック


TEL.: 03-3486-0120(受付時間 月~金:12~20h、土日10~18h)
渋谷区神宮前6-31-21 オリンピアアネックス 6F
e-mail : info@eltokyo.jp(終日受付。但し返信に少しお時間をいただく場合があります)


ブログランキングに参加しています。
ご訪問、応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

第28回 Salon de lecture

2014.03.18 19:12|Salon de lecture
manon des sources


毎回1冊の本について、感想、疑問点などを自由に話し合う「Salon de Lecture」。
次回の日程、読む本が決まりました。

日程:2014年5月18日(日)13h30~15h00 
講師:Benjamin GUILBERT バンジャマン・ギルベール
参加費:会話サロンのチケット1回分
※チケットをお持ちでない方は1回3,090円で参加できます。
(通常授業の振替チケットは利用できません)

作品:「Manon des sources」
   (邦題:マノンの泉)
作家: Marcel PAGNOL(マルセル・パニョル)

南仏を舞台にした小説を多く書いているマルセル・パニョルの作品の中から
今回は「マノンの泉」を取り上げます。
映画にもなった作品なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

images de manon des sources


プロヴァンス地方の小さな村で起きた、親子二代に渡る悲劇と復讐の物語。
10年前に父親が死んだのは、実はパペとウゴランの策略によるものと知った
マノンはどう行動するのか・・・
それぞれに抱える過去の痛みと現在の葛藤を想像しながら、意見を交換
しましょう。

参加者は事前に本を読んでおいてください(本は当校でも購入できます)
お申し込みは電話やメール、当校受付にて。
皆さんの参加、お待ちしております。

TEL.: 03-3486-0120
(受付時間:月~金:12~20h、土日10~18hにて受付を再開します)
e-mail : info@eltokyo.jp(終日受付。但し返信に少しお時間をいただく場合があります)


↓↓学校に関する詳しいお問い合わせはこちらをクリック




ブログランキングに参加しています。
ご訪問、応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

第27回 Salon de lecture

2013.08.21 09:50|Salon de lecture
maaloufune.jpg

毎回1冊の本について、感想、疑問点などを自由に話し合う「Salon de Lecture」
27回目はアミン・マアルーフの作品「Le Rocher de Tanios」に決まりました

運命はいつだって私たちを翻弄する。タニオスは父親が誰かを知らなかった。
彼の誕生は謎に包まれていた。彼は幾度となく運命に弄ばれ、祖国レバノンを去ることを余儀なくされていた。

1993年にフランス最高の文学賞“ゴングール賞”を受賞した、アミン・マアルーフの作品「タニオスの岩」。レバノン出身でジャーナリストでもある彼の書く小説は、彼自身が経験した内戦や難民生活が強く反映されています。これを機に、宗教や政治がもたらす社会性の強い問題について考えてみませんか。

日程:9月22日(日) 13h30~15h00 
講師:Benjamin GUILBERT バンジャマン・ギルベール 
参加費:会話サロンのチケット1回分
※チケットをお持ちでない方は1回3,000円で参加できます。
(通常授業の振替チケットは利用できません)

作品:「Le Rocher de Tanios」(タニオスの岩)
作家: Amin Maalouf(アミン・マアルーフ)

参加者は事前に本を読んでおいて下さい(本は当校でも購入できます)
お申し込みは電話やメール、当校受付にて。
皆さんの参加、お待ちしております。

↓↓学校に関する詳しいお問い合わせはこちらをクリック


TEL.: 03-3486-0120(受付時間 月~金:12~20h、土日10~18h)
渋谷区神宮前6-31-21 オリンピアアネックス 6F
e-mail : info@eltokyo.jp(終日受付。但し返信に少しお時間をいただく場合があります)


ブログランキングに参加しています。
ご訪問、応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村