04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フランス料理クラス

1_20160830140828423.jpg

毎回好評のフランス料理クラス
メニューはこちら。
• Cassoulet
(カスレ)
• Salade Méditerranéenne
(地中海風サラダ)
日時:11/27(日)10h30~13h00
(試食を含む)
受講料:7,500円(材料費込み)
>>詳しくはこちら!

第38回 Salon de lecture 開講

9782090318586.jpg

毎回1冊の本について感想を自由に述べ合う「Salon de Lecture」。 38回目の今回はLouis Pergaudの「La guerre des boutons」を取り上げます。
【あらすじ】
南仏の片田舎の村に巻き起こる 子どもたちのほのぼの大戦争。 フレンチ悪ガキの大傑作! 南フランス、美しい自然に囲まれ平和な風景が広がる小さなふたつの村ロンジュヴェルヌとヴェルラン。ところが、子どもたちの世界だけは違っていた。隣合った村の子どもたちはいまだ戦争状態にあったのだ。勝利の勲章は、敵側のガキ大将の服のボタンを奪うこと。ボタンを取られまいと、ある日、素っ裸で戦う奇策に出るが……。
有名なフランス文学作品を語彙数を限定してリライトしたシリーズなので非常に読みやすくなっています。
>>詳しくはこちら!

フランス語会話サロン

salon.jpg せっかく学習してもなかなか話す機会がなくて...と思いの方、会話サロンにいらっしゃいませんか?
チケット制・少人数制・入会随時、いつでも気軽に始められます!
カフェのようなリラックスした雰囲気でコーヒーを飲みながら楽しく話しましょう。
>>詳しくはこちら!

ホストファミリー大募集!

日本語を学ぶフランス語圏研修生をホームステイさせていただけませんか?「当校の日本語短期研修のために来日する学生に、日本文化に触れる機会を!」という考えから、日本滞在中のホームステイを提案しております。
>>詳しくはこちら!

Espace Langue tokyo

エスパス・ラング東京は、フランス語を学ぶ私たちと日本語を学ぶフランス語圏の人とが共に集まる空間(エスパス)として、お互いが刺激を受け合いながら言葉の上達と文化の吸収を目指すために1998年につくられた日本で初めてのEcole bilingue(フランス語と日本語のバイリンガル学校)です。言葉(ラング)の勉強もさる事ながら、勉強以外のさまざまな課外活動を通して、日本・フランスそれぞれの文化に触れ、視野を広げることができるエスパスであることを目指しています。

エスパス・ラング東京
渋谷区神宮前6-28-6
キュープラザ原宿 5F
TEL: 03-3486-0120
http://www.espacelanguetokyo.com/

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

日本にいながらフランス留学

4.jpg

日本にいながらにして、フランスに留学しているかのような体験ができる、当校オリジナルのプログラム。 在日フランス人家庭にホームステイしながら、毎日5時間のフランス語集中レッスンで、フランス語漬けの5日間を過ごします。
フランス語の短期上達を目指す方、フランスに留学したいけれど不安、時間があまりない、費用が・・・という方にぜひぜひお勧めしたい企画です。
2016年1月30日(土)16時〜17時半
説明会開催(予約制)

興味をお持ちの方はお気軽にご参加・お問い合わせください。
>>詳しくはこちら!

検索フォーム

le nouveau cours " Ecriture et Dictée "

2013.10.13 21:33|journal
Bonsoir tout le monde !
Vous avez passé un bon week-end prolongé ?

お天気にも恵まれた3連休、みなさんはどのように過ごされたでしょうか。
フランス語では、3連休という表現がないため、長い週末、という表現をするそうです。
*prolongé という言葉には、長引いた、長い、という意味があります。

当校は普段と変わらず、授業を行っていましたが、学校に来る生徒さんが、
「外はものすごい人!!」といいながらやってくるので、ベランダから眺めたところ、
渋谷のスクランブル交差点に負けないくらいの人、人、人!
休日の原宿は人の波でした。


さて、今日は皆さんに問題です!
この下の写真、フランス語の本のある1ページをコピーしたのものなのですが、何か気づきますか?
このページというより、この本はある規則に従って書かれているのですが、何かわかりますか?

la disparition

私も最初そう言われてしばらく眺めたのですが、、、はてさて、さっぱりわからず・・・
ところどころ、フランス語っぽくない言葉もあったりするかな??と思いつつも、答えは出ませんでした。

答えは・・・
この本のどこにも、" e " が出てこないんです!
最初から最後まで、外国語で最も良く使われるという " e " が、どこを探しても出てこないんです!!
びっくりしてあちこちのページをめくりましたが、本当に一回も出てきません。
すごいですね、よくこんな文章を考えつきますよね。

これは、ジョルジュ・ペレックというフランス人が書いた、「La Disparition」という本です。
*邦題は「煙滅」とついています。
ジョルジュ・ペレックは、Oulipo(ウリポ)という文学グループに所属していて、言葉遊びのさまざまな技法を生み出し、多くの作品を残しています。
*Oulipo・・・Ouvroir de littérature potentielle
このウリポというグループに参加していた他の有名な作家として挙げられるのが、レイモン・クノーです。
当校での Salon de lecture でも「地下鉄のザジ」を扱いましたが、今学期は「文体練習」を用いたクラス授業が開講しています。
さまざまな表現方法を学べるだけではなく、フランス語の言葉のもつリズムの良さ、美しさも同時に学ぶことができるので、今学期特にお勧めのクラスです。
先週1回目の授業だったのですが、生徒さんからはとても楽しかった!という声を聞くことができて、私たちも大満足です!
日本人には難しい発音・抑揚が多く、生徒さんからも難しかった〜、との声も聞こえていますが、少しでもフランス人の発音に近づけるよう、がんばってほしいです
このクラスにご興味をお持ちの方、見学・途中入校はいつでも受け付けていますので、ぜひいらしてください!
お待ちしております。


↓↓学校に関する詳しいお問い合わせはこちらをクリック



TEL.: 03-3486-0120(受付時間 月~金:12~20h、土日10~18h)
渋谷区神宮前6-31-21 オリンピアアネックス 6F
e-mail : info@eltokyo.jp(終日受付。但し返信に少しお時間をいただく場合があります)


ブログランキングに参加しています。
ご訪問、応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

コメント

Commentaire privé