01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
フランス料理クラス

1_20160830140828423.jpg

毎回好評のフランス料理クラス
メニューはこちら。
• Cassoulet
(カスレ)
• Salade Méditerranéenne
(地中海風サラダ)
日時:11/27(日)10h30~13h00
(試食を含む)
受講料:7,500円(材料費込み)
>>詳しくはこちら!

第38回 Salon de lecture 開講

9782090318586.jpg

毎回1冊の本について感想を自由に述べ合う「Salon de Lecture」。 38回目の今回はLouis Pergaudの「La guerre des boutons」を取り上げます。
【あらすじ】
南仏の片田舎の村に巻き起こる 子どもたちのほのぼの大戦争。 フレンチ悪ガキの大傑作! 南フランス、美しい自然に囲まれ平和な風景が広がる小さなふたつの村ロンジュヴェルヌとヴェルラン。ところが、子どもたちの世界だけは違っていた。隣合った村の子どもたちはいまだ戦争状態にあったのだ。勝利の勲章は、敵側のガキ大将の服のボタンを奪うこと。ボタンを取られまいと、ある日、素っ裸で戦う奇策に出るが……。
有名なフランス文学作品を語彙数を限定してリライトしたシリーズなので非常に読みやすくなっています。
>>詳しくはこちら!

フランス語会話サロン

salon.jpg せっかく学習してもなかなか話す機会がなくて...と思いの方、会話サロンにいらっしゃいませんか?
チケット制・少人数制・入会随時、いつでも気軽に始められます!
カフェのようなリラックスした雰囲気でコーヒーを飲みながら楽しく話しましょう。
>>詳しくはこちら!

ホストファミリー大募集!

日本語を学ぶフランス語圏研修生をホームステイさせていただけませんか?「当校の日本語短期研修のために来日する学生に、日本文化に触れる機会を!」という考えから、日本滞在中のホームステイを提案しております。
>>詳しくはこちら!

Espace Langue tokyo

エスパス・ラング東京は、フランス語を学ぶ私たちと日本語を学ぶフランス語圏の人とが共に集まる空間(エスパス)として、お互いが刺激を受け合いながら言葉の上達と文化の吸収を目指すために1998年につくられた日本で初めてのEcole bilingue(フランス語と日本語のバイリンガル学校)です。言葉(ラング)の勉強もさる事ながら、勉強以外のさまざまな課外活動を通して、日本・フランスそれぞれの文化に触れ、視野を広げることができるエスパスであることを目指しています。

エスパス・ラング東京
渋谷区神宮前6-28-6
キュープラザ原宿 5F
TEL: 03-3486-0120
http://www.espacelanguetokyo.com/

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

日本にいながらフランス留学

4.jpg

日本にいながらにして、フランスに留学しているかのような体験ができる、当校オリジナルのプログラム。 在日フランス人家庭にホームステイしながら、毎日5時間のフランス語集中レッスンで、フランス語漬けの5日間を過ごします。
フランス語の短期上達を目指す方、フランスに留学したいけれど不安、時間があまりない、費用が・・・という方にぜひぜひお勧めしたい企画です。
2016年1月30日(土)16時〜17時半
説明会開催(予約制)

興味をお持ちの方はお気軽にご参加・お問い合わせください。
>>詳しくはこちら!

検索フォーム

Le progres est le mode de l'homme. -Victor HUGO

2013.03.09 18:54|journal
Bonsoir a tous! Comment ca va?

タイトルの言葉は、Vicotor HUGOの作品“Les Miserables”から抜粋したもので、「進歩こそ人間の姿である」という意味です。
この作品は映画化され、先日のアカデミー賞では、アン・ハサウェイが助演女優賞を獲り、話題となっていますね。
私も先日観に行きましたが、噂通りの感動作で、民衆の歌を聞いたりしながらしばらく余韻に浸っていました。
フランス語だったらもっと良かったのに、と思いながら・・・。
原作のVictor HUGOといえば、『Les Miserables』の次に有名な『Notre Dame de Paris』も、東急シアターオーブにてミュージカルで上演されています。
こちらも残念ながら英語での上演ですが、それだけ世界的に認められている作品なのでしょうね。

ノートルダム大聖堂といえば、今年は建築開始からちょうど850年。
昨年12月の記念ミサを皮切りに、今年の11月までさまざまなイベントが開催されるようです。
今日はそのうちの1つ、鐘の付け替えについて書きたいと思います。

ノートルダム大聖堂は、1163年にモーリス・デュ・シュリー=パリ司教によって建築が開始され、約200年後の1345年に現在の姿になりました。
完成した当初、鐘は全部で10口(*)以上あったそうですが、1789年のフランス革命の混乱でほとんどがなくなり(大砲などに使用されたとか)、その後は南塔に1口、1856年に北塔に設置された4口という状態が続いていました。
この北塔の4口は音程がずれているとして、昨年2月にもう取り外されています。
今回、新たに作られた鐘は9口。160年ぶりの付け替えだそうです。
1856年に作られた鐘は、作る過程と金属の質が良くなかったために音程がずれたと考えられ、今回は中世に作られた時と同じ手法を取り鐘の型には、羊の毛と馬の糞と粘土を混ぜたものを使ったとか。。。なぜこれらを混ぜるのかはわからないですが、昔の技術は現在にも通用するのですね。
(*)口は鐘の数え方です。

さて、この鐘ですが、1つ1つに名前がついているのを知っていますか?
ご紹介しますね。
*南塔にある一番古い鐘が、“Emmanuel”エマニュエル。
 ヨーロッパで一番美しい音の器とも呼ばれています。
*新しい鐘の中で一番大きいのが“Marie”マリー。
 聖母マリアを表す名前がついたこの鐘には、アヴェマリアの祈りも彫られています。
*歴代パリ司教の名前がついているのが3口。
 “Denis”ドゥニ初代司教
 “Marcel”マルセル9代目司教
 “Maurice”ノートルダムの建築を開始したモーリス司教。
*聖人の名前がついているもの。
 “Gabriel”ガブリエル
 “Anne-Geneviève”アンヌ・ジュヌヴィエーヴ
 “Etienne”エティエンヌ
*“Benoit-Joseph” ブノワ・ジョゼフ。ついこの間ローマ法王を退位した彼です。
*“Jean-Marie”ジャン・マリー。139代目のパリ枢機卿だそうです。
さまざまな名前がついていますね。
ローマ法王の名前が鐘の名前になるというのは面白いですね。

この鐘は、2月2日から28日までノートルダム大聖堂内で展示されていたそうです。
実物はさぞ迫力があったでしょうね。
トン単位の鐘を教会の上までどうやって運ぶのかも気になるところです。
教会内に運び込むところを撮った映像を見つけたので、こちらからどうぞ↓
面白いですよー!



この鐘は、3月23日(土)夕方5時に初めて鳴らされます。
どんなハーモニーを奏でるのか、私も今からとても楽しみです。
ノートルダム大聖堂のHPにもこの鐘に関する情報が見れますし、他のイベントについても載っているので、みてみてくださいね。
記念切手も販売されたようですよ。
ノートルダム大聖堂のHP↓
http://www.notredamedeparis.fr/spip.php?rubrique1

ノートルダム大聖堂といえば、ナポレオンが戴冠式を行った場所としても有名ですが、もう一つ重要な役割もあるんです。
それは、ノートルダム大聖堂の前の広場が、パリから各地への距離を表すときの起点となっていること。
フランスの正に中心となっているんですね。
これがそのゼロ起点を表している標識です↓

zero.jpg


余談ですが、私がフランスに留学していた際、Franche-Comte(フランシュ・コンテ)地方のBesancon(ブザンソン)というフランス東部のスイスに近い街にいたのですが、そこはVictor HUGOが生まれた街だったんです。
生後6週間ですぐにマルセイユへ引っ越してしまったそうなので、生家には、ここで生まれた、という看板(?)しかないのですが、街にはVictor HUGOの像があったり、中学や高校の名前になったりしていました。
さらに面白いことに、Victor HUGOの生まれた家のすぐ傍には、LUMIERE(リュミエール)兄弟の生家もあるんです!
生まれた年は20年以上違うので、彼らが顔を合わせることはなかったのですが、世界的に有名な彼らがこんなにすぐ近くで生まれていたなんて、なんだか不思議ですね。

盛りだくさんな内容になってしまいました。
では、Bonne soiree et bon week-end!


↓↓学校に関する詳しいお問い合わせはこちらをクリック



TEL.: 03-3486-0120(受付時間 月~金:12~20h、土日10~18h)
渋谷区神宮前6-31-21 オリンピアアネックス 6F
e-mail : info@eltokyo.jp(終日受付。但し返信に少しお時間をいただく場合があります)


ブログランキングに参加しています。
ご訪問、応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

コメント

もしやこのブログを書いたのはw
僕はユゴー所縁の地の中ではパンテオンがお気に入りです。というのはフーコーの振り子が好きだから(^^;;

takuさん

Merci votre commentaire!

お察しの通り、初めての記事です。
パンテオン、いいですよね!
私も初めて訪れた時、フーコーの振り子をずっと眺めていました。
時間が経つのを忘れてしまいますよね。
今は修復中と、France2のニュースで流れていたような…。
調べてみますね。
Commentaire privé