02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フランス料理クラス

1_20160830140828423.jpg

毎回好評のフランス料理クラス
メニューはこちら。
• Cassoulet
(カスレ)
• Salade Méditerranéenne
(地中海風サラダ)
日時:11/27(日)10h30~13h00
(試食を含む)
受講料:7,500円(材料費込み)
>>詳しくはこちら!

第38回 Salon de lecture 開講

9782090318586.jpg

毎回1冊の本について感想を自由に述べ合う「Salon de Lecture」。 38回目の今回はLouis Pergaudの「La guerre des boutons」を取り上げます。
【あらすじ】
南仏の片田舎の村に巻き起こる 子どもたちのほのぼの大戦争。 フレンチ悪ガキの大傑作! 南フランス、美しい自然に囲まれ平和な風景が広がる小さなふたつの村ロンジュヴェルヌとヴェルラン。ところが、子どもたちの世界だけは違っていた。隣合った村の子どもたちはいまだ戦争状態にあったのだ。勝利の勲章は、敵側のガキ大将の服のボタンを奪うこと。ボタンを取られまいと、ある日、素っ裸で戦う奇策に出るが……。
有名なフランス文学作品を語彙数を限定してリライトしたシリーズなので非常に読みやすくなっています。
>>詳しくはこちら!

フランス語会話サロン

salon.jpg せっかく学習してもなかなか話す機会がなくて...と思いの方、会話サロンにいらっしゃいませんか?
チケット制・少人数制・入会随時、いつでも気軽に始められます!
カフェのようなリラックスした雰囲気でコーヒーを飲みながら楽しく話しましょう。
>>詳しくはこちら!

ホストファミリー大募集!

日本語を学ぶフランス語圏研修生をホームステイさせていただけませんか?「当校の日本語短期研修のために来日する学生に、日本文化に触れる機会を!」という考えから、日本滞在中のホームステイを提案しております。
>>詳しくはこちら!

Espace Langue tokyo

エスパス・ラング東京は、フランス語を学ぶ私たちと日本語を学ぶフランス語圏の人とが共に集まる空間(エスパス)として、お互いが刺激を受け合いながら言葉の上達と文化の吸収を目指すために1998年につくられた日本で初めてのEcole bilingue(フランス語と日本語のバイリンガル学校)です。言葉(ラング)の勉強もさる事ながら、勉強以外のさまざまな課外活動を通して、日本・フランスそれぞれの文化に触れ、視野を広げることができるエスパスであることを目指しています。

エスパス・ラング東京
渋谷区神宮前6-28-6
キュープラザ原宿 5F
TEL: 03-3486-0120
http://www.espacelanguetokyo.com/

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

日本にいながらフランス留学

4.jpg

日本にいながらにして、フランスに留学しているかのような体験ができる、当校オリジナルのプログラム。 在日フランス人家庭にホームステイしながら、毎日5時間のフランス語集中レッスンで、フランス語漬けの5日間を過ごします。
フランス語の短期上達を目指す方、フランスに留学したいけれど不安、時間があまりない、費用が・・・という方にぜひぜひお勧めしたい企画です。
2016年1月30日(土)16時〜17時半
説明会開催(予約制)

興味をお持ちの方はお気軽にご参加・お問い合わせください。
>>詳しくはこちら!

検索フォーム

Salon de l'agriculture

2013.03.03 17:57|journal
Bonjour à tous !

2月の23日から3月の3日まで、Salon International de l'Agriculture(パリ国際農業見本市)が
フランス、パリのポルト・ドゥ・ヴェルサイユの展示会場で今年も開かれました。
会話サロンでもSalon de l'Agricultureの話題を度々耳にすることが多かったので、
今回はSalon de l'Agricultureについて書いてみようと思います

Salon International de l'Agricultureは毎年この時期に開催され、
今年で50回を迎えるこのイベントは、農業大国フランスの伝統と魅力を知る事ができ、
毎年楽しみにしているフランス人も多いのだとか。

入場料が必要ですが、チーズやフォアグラ、ハム、ソーセージ、
オリーヴ、ハチミツ、ワインなどありとあらゆるものが試食、試飲できるそうです。
さすが食糧自給率が100%を超える農業大国フランス。
食べてみて本当に納得できたものを購入できるというのはいいですね。
わたしはカンタルチーズがたっぷり入ったマッシュポテト【アリゴ】が食べたいです

Salon de l'Agricultureには毎年現仏大統領が視察に訪れることでも知られています。
去年の仏大統領選挙のときはサルコジ元大統領が3時間の視察だったのに対して、
オランド大統領は一日中Salon de l'Agricultureの視察をしたそうです。

当校の会話サロンの講師、Colineが教えてくれたのですが、
シラクさんやオランドさんはSalon de l'Agricultureがお好きなようです。
【国民に近い】ことを示すのに彼らにとっては絶好の機会なのかもしれません。
france2のニュースでも農家の人たちと和やかにおしゃべりをしたり、
笑顔で見学者の写真撮影に応じる姿を見ることができました。

一方サルコジさんは以前この見本市で彼の握手を拒んだ見学者に汚い言葉を吐いたことで
一気に彼のイメージが悪くなってしまったようです。
わたしもSalon de l'Agricultureというと、
この時のサルコジさんのニュースが真っ先に頭に浮かびます
そのときの画像を見つけました。これです↓↓↓↓



一人のムッシューに握手の手が伸びようとしたとき、
そのムッシューが 『Ah non, touche moi pas(おれに触らないでくれ)』と言います。
するとサルコジさん、『Casse toi alors pauvre con(消え失せろ..この馬鹿野郎)』と言います。
このやりとりはカメラにばっちり映っていました。
この『Casse toi』汚い言葉ですが、フランス映画を見ているとよく出てきますね。

2012年の大統領選挙がオランドさんに決まったとき、
ちょうどパリに滞在していたので、バスティユー広場にオランドさんの演説を見に行きました。
そのときに目に入った旗にあのときの言葉が書いてありました。

cassetoi.jpg

『Casse toi pôv'con! Vive Hollande(消え失せろ..この馬鹿野郎! 万歳オランド)』
サルコジさんが発した言葉が自分に返ってきてしまったというわけです...。
この言葉、一生彼にまとわりつくのでしょうね。

Salon International de l'Agricultureについてもっと詳しく知りたいという人は、
いま学校で配っているOvniにちょうど詳細が載っていますので、見てみてくださいね


↓↓学校に関する詳しいお問い合わせはこちらをクリック



TEL.: 03-3486-0120(受付時間 月~金:12~20h、土日10~18h)
渋谷区神宮前6-31-21 オリンピアアネックス 6F
e-mail : info@eltokyo.jp(終日受付。但し返信に少しお時間をいただく場合があります)


ブログランキングに参加しています。
ご訪問、応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


コメント

Colineに日本にも同じようなイベントある?って聞かれましたが、首相が視察するものってなかなかないですよね。やはりフランスを象徴するイベントですね。でも、サルコジの失言がYouTubeにあるんですね。さすがフランス。笑

Takuさん

Merci pour votre commentaire!

そうですね、日本にはなかなかこういうイベントはないですよね。
もし実現したら楽しそうなのに...。
お米や日本酒、神戸牛などで日本アピールできませんかね??v-410
Commentaire privé