09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フランス料理クラス

1_20160830140828423.jpg

毎回好評のフランス料理クラス
メニューはこちら。
• Cassoulet
(カスレ)
• Salade Méditerranéenne
(地中海風サラダ)
日時:11/27(日)10h30~13h00
(試食を含む)
受講料:7,500円(材料費込み)
>>詳しくはこちら!

第38回 Salon de lecture 開講

9782090318586.jpg

毎回1冊の本について感想を自由に述べ合う「Salon de Lecture」。 38回目の今回はLouis Pergaudの「La guerre des boutons」を取り上げます。
【あらすじ】
南仏の片田舎の村に巻き起こる 子どもたちのほのぼの大戦争。 フレンチ悪ガキの大傑作! 南フランス、美しい自然に囲まれ平和な風景が広がる小さなふたつの村ロンジュヴェルヌとヴェルラン。ところが、子どもたちの世界だけは違っていた。隣合った村の子どもたちはいまだ戦争状態にあったのだ。勝利の勲章は、敵側のガキ大将の服のボタンを奪うこと。ボタンを取られまいと、ある日、素っ裸で戦う奇策に出るが……。
有名なフランス文学作品を語彙数を限定してリライトしたシリーズなので非常に読みやすくなっています。
>>詳しくはこちら!

フランス語会話サロン

salon.jpg せっかく学習してもなかなか話す機会がなくて...と思いの方、会話サロンにいらっしゃいませんか?
チケット制・少人数制・入会随時、いつでも気軽に始められます!
カフェのようなリラックスした雰囲気でコーヒーを飲みながら楽しく話しましょう。
>>詳しくはこちら!

ホストファミリー大募集!

日本語を学ぶフランス語圏研修生をホームステイさせていただけませんか?「当校の日本語短期研修のために来日する学生に、日本文化に触れる機会を!」という考えから、日本滞在中のホームステイを提案しております。
>>詳しくはこちら!

Espace Langue tokyo

エスパス・ラング東京は、フランス語を学ぶ私たちと日本語を学ぶフランス語圏の人とが共に集まる空間(エスパス)として、お互いが刺激を受け合いながら言葉の上達と文化の吸収を目指すために1998年につくられた日本で初めてのEcole bilingue(フランス語と日本語のバイリンガル学校)です。言葉(ラング)の勉強もさる事ながら、勉強以外のさまざまな課外活動を通して、日本・フランスそれぞれの文化に触れ、視野を広げることができるエスパスであることを目指しています。

エスパス・ラング東京
渋谷区神宮前6-28-6
キュープラザ原宿 5F
TEL: 03-3486-0120
http://www.espacelanguetokyo.com/

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

日本にいながらフランス留学

4.jpg

日本にいながらにして、フランスに留学しているかのような体験ができる、当校オリジナルのプログラム。 在日フランス人家庭にホームステイしながら、毎日5時間のフランス語集中レッスンで、フランス語漬けの5日間を過ごします。
フランス語の短期上達を目指す方、フランスに留学したいけれど不安、時間があまりない、費用が・・・という方にぜひぜひお勧めしたい企画です。
2016年1月30日(土)16時〜17時半
説明会開催(予約制)

興味をお持ちの方はお気軽にご参加・お問い合わせください。
>>詳しくはこちら!

検索フォーム

お菓子を食べたのはだぁれ?

2013.10.25 21:25|journal
Bonsoir !
Comment ça va ?

Aujourd'hui, je vais vous ranconter une petite histoire intéressante :)

いつもおいしいお菓子がある当校のキッチンで、今日もつまみ食いをしている誰かさんを発見!
目が合った彼女が、" Je suis une petite souris ;) " と言ったので、私が???となっていたら、
フランスにはこうゆうエクスプレッション(表現)があるんだよ、と教えてくれました。

たとえば。
缶にたくさん入っていたクッキーが、気づいたら半分に減っていた!
おまんじゅうを5個買っておいたのに、4つしかなくなっていた!
冷蔵庫に入れておいたケーキがいつの間にかなくなっていた!
(ちびまるこちゃんやサザエさんに出てきそうなシチュエーションですね)
そんな時、「誰が食べたの!?」と言いたくなりますが(笑)、フランスでは、
”C'est la souris qui est passée* ! ” (きっとねずみの仕業ね!)というそうで、
この表現が、冒頭の ”Je suis une petite souris. ” につながったというわけです。
*passer の過去形が être なのは、場所の移動を表す方の意味だからです。
時間を過ごす、などの意味の時は、avoir で過去形を作ります。

Je sais bien qu'il y a plusieurs souris dans notre école, comme on reçoit souvent des gâteaux délicieux ;)
Peut-être que moi aussi, je suis une petite souris...;p

ではまた、面白い表現があったら、ご紹介しますね。
Bonne soirée et bon week-end !


↓↓学校に関する詳しいお問い合わせはこちらをクリック



TEL.: 03-3486-0120(受付時間 月~金:12~20h、土日10~18h)
渋谷区神宮前6-31-21 オリンピアアネックス 6F
e-mail : info@eltokyo.jp(終日受付。但し返信に少しお時間をいただく場合があります)


ブログランキングに参加しています。
ご訪問、応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

ll y a encore les deux typhons !!

2013.10.24 21:40|journal
Bonsoir tout le monde !
Vous allez bien ?

先週の日曜日から、冬かと思うくらいの寒さですが、皆さんは風邪などひいていないですか。
今週もまた台風が来るようですね。

今週末、渋谷芸術祭というのがあるのをご存知でしょうか。
当校の会話サロンの講師、Anne-Sophie がボランティアで参加している、デザインニッポンの会というNPO団体が、この祭りで "Biketope" というものを紹介しています。
ご都合つく方は、ぜひ渋谷のマークシティへお出かけください。

ちなみに、"Biketope"は何かというと、自転車を通してマナーや環境問題を考えようという、デザインだけではなく、現代の問題についても考える機会を与えてくれる展示会だそうです。

自転車繋がりで、ツール・ド・フランスを日本でも!という試みが、さいたま新都心で行われます。
その名は、さいたまクリテリウム。
ツール・ド・フランスのさいたま版です。
フランスから、実際にツール・ド・フランスに出た選手も参加しに来るそうですよ。
楽しみですね。
でも、台風が土曜日に直撃するようなので、開催があやぶまれているようです。
渋谷芸術祭も、土曜日は中止になっています。
せめて、日曜日の台風一過の晴天を祈りましょう★

興味のある方はこちらからアクセスしてみてください。
http://www.shibugei.jp/index.html

Biketope はこちらから。
https://www.facebook.com/biketope

ツール・ド・さいたまはこちらから。
http://saitama-criterium.jp


le nouveau cours " Ecriture et Dictée "

2013.10.13 21:33|journal
Bonsoir tout le monde !
Vous avez passé un bon week-end prolongé ?

お天気にも恵まれた3連休、みなさんはどのように過ごされたでしょうか。
フランス語では、3連休という表現がないため、長い週末、という表現をするそうです。
*prolongé という言葉には、長引いた、長い、という意味があります。

当校は普段と変わらず、授業を行っていましたが、学校に来る生徒さんが、
「外はものすごい人!!」といいながらやってくるので、ベランダから眺めたところ、
渋谷のスクランブル交差点に負けないくらいの人、人、人!
休日の原宿は人の波でした。


さて、今日は皆さんに問題です!
この下の写真、フランス語の本のある1ページをコピーしたのものなのですが、何か気づきますか?
このページというより、この本はある規則に従って書かれているのですが、何かわかりますか?

la disparition

私も最初そう言われてしばらく眺めたのですが、、、はてさて、さっぱりわからず・・・
ところどころ、フランス語っぽくない言葉もあったりするかな??と思いつつも、答えは出ませんでした。

答えは・・・
この本のどこにも、" e " が出てこないんです!
最初から最後まで、外国語で最も良く使われるという " e " が、どこを探しても出てこないんです!!
びっくりしてあちこちのページをめくりましたが、本当に一回も出てきません。
すごいですね、よくこんな文章を考えつきますよね。

これは、ジョルジュ・ペレックというフランス人が書いた、「La Disparition」という本です。
*邦題は「煙滅」とついています。
ジョルジュ・ペレックは、Oulipo(ウリポ)という文学グループに所属していて、言葉遊びのさまざまな技法を生み出し、多くの作品を残しています。
*Oulipo・・・Ouvroir de littérature potentielle
このウリポというグループに参加していた他の有名な作家として挙げられるのが、レイモン・クノーです。
当校での Salon de lecture でも「地下鉄のザジ」を扱いましたが、今学期は「文体練習」を用いたクラス授業が開講しています。
さまざまな表現方法を学べるだけではなく、フランス語の言葉のもつリズムの良さ、美しさも同時に学ぶことができるので、今学期特にお勧めのクラスです。
先週1回目の授業だったのですが、生徒さんからはとても楽しかった!という声を聞くことができて、私たちも大満足です!
日本人には難しい発音・抑揚が多く、生徒さんからも難しかった〜、との声も聞こえていますが、少しでもフランス人の発音に近づけるよう、がんばってほしいです
このクラスにご興味をお持ちの方、見学・途中入校はいつでも受け付けていますので、ぜひいらしてください!
お待ちしております。


↓↓学校に関する詳しいお問い合わせはこちらをクリック



TEL.: 03-3486-0120(受付時間 月~金:12~20h、土日10~18h)
渋谷区神宮前6-31-21 オリンピアアネックス 6F
e-mail : info@eltokyo.jp(終日受付。但し返信に少しお時間をいただく場合があります)


ブログランキングに参加しています。
ご訪問、応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

Vous connaissez les biscuits de Poilâne ?

2013.10.10 22:00|journal
Bonsoir !
Comment ça va ?

天高く馬肥ゆる秋、ということわざをご存知でしょうか。
今日は暑さがぶり返した1日となりましたが、空がとても高く感じられて、このことわざを思い出しました。
皆さんは旬のおいしいものを食べていますか?
松茸、きのこ、栗、さんま、鮭、りんご、梨、柿・・・
あげればきりがありません。
季節の変わり目は体調を崩しやすいといいますが、大地の恵みを吸収して、健康的に過ごしたいですね。

当校でも、旬のものではないですが、生徒さんからのお土産など、おいしいものをたくさんいただいています。
今日はその中の、おいしいクッキーをご紹介しますね。
生徒さんにクッキーを勧めたところ、
「私もこのクッキー、パリで買ってきました!パリでは有名なパン屋さんなんですよ!!」
と感激していらっしゃいました。
どこのお店のクッキーかというと、パリの"Poilâne"というboulangerieのものです。

poilane.jpg


このお店、パリでお勧めのパン屋さんを聞いたら、必ず勧められるというほどおいしいパン屋さんなんだそう。
パリジャンも行列を作るくらい、人気のboulangerieのようです。
パンだけではなく、このクッキーを目当てで行く人も多いんだとか。隠れ人気メニューのようです。
パリには3店舗あり、ホームページを覗いてみたら、とても素朴で暖かみのあるサイトです。
ぜひ、見てみてください↓
http://www.poilane.com/index.php?passer=1
クッキーも、甘すぎず、とても素朴で懐かしい味がしました。
日本にはまだ出店していないパン屋さんですので、皆さんもパリに行かれることがあったら、ぜひ寄ってみては
いかがでしょうか。

と、書いていたら、フランスへ行かれていた生徒さんから新しいお菓子が★
こちらも有名な、あの"Pont-Aven"のガレットです!!
箱を開けた途端、おいしそ〜なバターの香りが…とてもおいしくいただきました。
皆さん、いつもありがとうございます。

pont-aven.jpg

↓↓学校に関する詳しいお問い合わせはこちらをクリック



TEL.: 03-3486-0120(受付時間 月~金:12~20h、土日10~18h)
渋谷区神宮前6-31-21 オリンピアアネックス 6F
e-mail : info@eltokyo.jp(終日受付。但し返信に少しお時間をいただく場合があります)


ブログランキングに参加しています。
ご訪問、応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

Prix de l'Arc de Triomphe

2013.10.08 19:43|journal
Bonsoir tout le monde !
Nous espérons que vous allez bien ;)

昨日、France2のニュースでも話題に上がっていた"凱旋門賞"、皆さんはご覧になりましたか。
日本でもG1は盛り上がりますが、こちらは世界一を決める規模の大きい大会です。
最近では日本の馬の出馬も珍しくないので、ご存知の方も多いと思いますが、今年も優勝は
ならなかったものの、2位と4位と、大健闘でしたね。
France2でも、日本人がインタビューに答えているシーンが映っていました。

prix de larc de tripmphe



この"凱旋門賞"が行われているのは、パリのロンシャン競馬場。
世界で一番美しい競馬場と言われているそうです。
あの有名な鞄のブランド"Longchamps"の名前の由来も、この競馬場なのだとか。
そんなにきれいな競馬場なのかと、当校のパリジャン、StéphaneとRaphaelにこの競馬場について
聞いてみたところ、二人とも、最近のフランス人はあまり競馬を見に行かないから知らない、と
つれない返事が返ってきました。
が、競馬場は馬を見に来るというだけではなく、ファッションを楽しむ場としても活躍していたらしく、
帽子やドレスなど、それぞれオーダーメイドのものを身につけるのが流行だった、と教えてくれました。
確かに、ココ・シャネルという映画を観た時に、競馬場のシーンがあり、女性がそれぞれのファッションを
楽しんでいる様子が映っていました。
パリでは、競馬もファッションに通じるのですね。
そんな名残なのか、帽子着用の女性は入場料が無料になるそうなので、観に行かれる女性の方はぜひ帽子を
持参して行ってみてくださいね。

パリにはロンシャン競馬場の他に、ヴァンセンヌ競馬場、オーテゥイユ競馬場があるそうです。
それぞれに違うレースを行っているそうなので、興味のある方は調べてみてください。
当校の生徒さんにも、凱旋門賞を観に行った方がいらっしゃるので、今度その様子を聞いてみようと
思います。
面白い話があったら、このブログでまた紹介しますね。
もし既に行ったことがある、という方がいらしたら、ぜひ教えてくださいね。

↓↓学校に関する詳しいお問い合わせはこちらをクリック



TEL.: 03-3486-0120(受付時間 月~金:12~20h、土日10~18h)
渋谷区神宮前6-31-21 オリンピアアネックス 6F
e-mail : info@eltokyo.jp(終日受付。但し返信に少しお時間をいただく場合があります)


ブログランキングに参加しています。
ご訪問、応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

Vous aimez les films français ?

2013.10.04 20:55|cinéma
10月に入り、秋の気配がぐんと濃くなりましたね。
ELTも、6月からずっと続いていたフランス人研修 sejours linguistiques が先週末で一段落し、寂しくもありますが、静かに10月を迎えています。

秋といえば、読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋、、、と色々ありますが、映画の秋はいかがですか。
最近フランス映画が相次いで公開していますが、皆さんは何か観に行かれましたか。
当校でも「クロワッサンで朝食を」「タイピスト」「大統領の料理人」などなど、話題の映画を観た生徒さんから、面白かった!との声を多く聞きます。
私も先日「タイピスト」を観て来たのですが、ひと昔前のフランスの様子が珍しかったり、日本でいうところの"昭和のスタイル"のようなオールドファッションを感じたり、女性の自立意識を感化する部分があったり…途中笑いの要素もあり、好きな映画の一つになりました。
中でも最後の台詞が、とてもフランスらしいと思ったので紹介しますね。
(ネタばれになってしまうので、これから観る予定の方はご注意ください!)

あまりに早くタイプするので、タイプライターのキーアラームが絡まってしまうのが問題だと考えていたルイは、アラームを使わないタイプを考案する。
それを親友のボブが、アメリカのタイプ会社(ローズが破った相手が使っているタイプライターの会社)へこの案を提案する。そんなおいしいビジネスの話を、なぜ我々に話すのか、と聞くアメリカ人に対するボブの答えが、
「アメリカ人はビジネスを、フランス人は恋を…」
視線の先にはローズとルイの幸せな姿が。
アメリカを破って世界一になった!というよりは、2人の恋の結果が世界一だったという、フランス映画らしい締めくくりかただと思ったのは私だけではないと思います。

populaire.jpg

そんな、観た後に心に何かを残すフランス映画。
当校では映画の授業も行っていますので、ご興味のある方はぜひいらしてください。
今学期は、あの話題の作品、「Intouchable」を取り上げます。

The-Intouchables.jpg

「タイピスト」でも感じたのですが、フランスは意外にも、昔から男女の差が激しい国。
この辺は日本と似ていますね。
男女の差はだいぶ埋まってきているように感じますが、階級の差は未だに根強く残っていると感じます。
近年特に移民が増え、失業率も高くなり、貧困層の生活は益々苦しくなる一方で、良い家柄に生まれた貴族階級のフランス人は遺産などで働かずとも良い生活を送っています。
日本でも一時期、格差社会という言葉がはやりましたが、フランスほどではないかと個人的には思います。
皆さんはどう考えますか。
フランスの格差社会について知識をつけながら、日本と比べてみるのも面白いと思います。

来週から秋学期がスタートしますので、ご興味のある方は今すぐご連絡を!
お待ちしております。

↓↓学校に関する詳しいお問い合わせはこちらをクリック



TEL.: 03-3486-0120(受付時間 月~金:12~20h、土日10~18h)
渋谷区神宮前6-31-21 オリンピアアネックス 6F
e-mail : info@eltokyo.jp(終日受付。但し返信に少しお時間をいただく場合があります)


ブログランキングに参加しています。
ご訪問、応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村