01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
フランス料理クラス

1_20160830140828423.jpg

毎回好評のフランス料理クラス
メニューはこちら。
• Cassoulet
(カスレ)
• Salade Méditerranéenne
(地中海風サラダ)
日時:11/27(日)10h30~13h00
(試食を含む)
受講料:7,500円(材料費込み)
>>詳しくはこちら!

第38回 Salon de lecture 開講

9782090318586.jpg

毎回1冊の本について感想を自由に述べ合う「Salon de Lecture」。 38回目の今回はLouis Pergaudの「La guerre des boutons」を取り上げます。
【あらすじ】
南仏の片田舎の村に巻き起こる 子どもたちのほのぼの大戦争。 フレンチ悪ガキの大傑作! 南フランス、美しい自然に囲まれ平和な風景が広がる小さなふたつの村ロンジュヴェルヌとヴェルラン。ところが、子どもたちの世界だけは違っていた。隣合った村の子どもたちはいまだ戦争状態にあったのだ。勝利の勲章は、敵側のガキ大将の服のボタンを奪うこと。ボタンを取られまいと、ある日、素っ裸で戦う奇策に出るが……。
有名なフランス文学作品を語彙数を限定してリライトしたシリーズなので非常に読みやすくなっています。
>>詳しくはこちら!

フランス語会話サロン

salon.jpg せっかく学習してもなかなか話す機会がなくて...と思いの方、会話サロンにいらっしゃいませんか?
チケット制・少人数制・入会随時、いつでも気軽に始められます!
カフェのようなリラックスした雰囲気でコーヒーを飲みながら楽しく話しましょう。
>>詳しくはこちら!

ホストファミリー大募集!

日本語を学ぶフランス語圏研修生をホームステイさせていただけませんか?「当校の日本語短期研修のために来日する学生に、日本文化に触れる機会を!」という考えから、日本滞在中のホームステイを提案しております。
>>詳しくはこちら!

Espace Langue tokyo

エスパス・ラング東京は、フランス語を学ぶ私たちと日本語を学ぶフランス語圏の人とが共に集まる空間(エスパス)として、お互いが刺激を受け合いながら言葉の上達と文化の吸収を目指すために1998年につくられた日本で初めてのEcole bilingue(フランス語と日本語のバイリンガル学校)です。言葉(ラング)の勉強もさる事ながら、勉強以外のさまざまな課外活動を通して、日本・フランスそれぞれの文化に触れ、視野を広げることができるエスパスであることを目指しています。

エスパス・ラング東京
渋谷区神宮前6-28-6
キュープラザ原宿 5F
TEL: 03-3486-0120
http://www.espacelanguetokyo.com/

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

日本にいながらフランス留学

4.jpg

日本にいながらにして、フランスに留学しているかのような体験ができる、当校オリジナルのプログラム。 在日フランス人家庭にホームステイしながら、毎日5時間のフランス語集中レッスンで、フランス語漬けの5日間を過ごします。
フランス語の短期上達を目指す方、フランスに留学したいけれど不安、時間があまりない、費用が・・・という方にぜひぜひお勧めしたい企画です。
2016年1月30日(土)16時〜17時半
説明会開催(予約制)

興味をお持ちの方はお気軽にご参加・お問い合わせください。
>>詳しくはこちら!

検索フォーム

38éme salon de lecture

2016.08.30 13:23|Salon de lecture
毎回1冊の本について感想を自由に述べ合う「Salon de Lecture」。
38回目の今回はLouis Pergaudの「La guerre des boutons」を取り上げます。

9782090318586.jpg


【あらすじ】
南仏の片田舎の村に巻き起こる 子どもたちのほのぼの大戦争。 フレンチ悪ガキの大傑作! 南フランス、美しい自然に囲まれ平和な風景が広がる小さなふたつの村ロンジュヴェルヌとヴェルラン。ところが、子どもたちの世界だけは違っていた。隣合った村の子どもたちはいまだ戦争状態にあったのだ。勝利の勲章は、敵側のガキ大将の服のボタンを奪うこと。ボタンを取られまいと、ある日、素っ裸で戦う奇策に出るが……。

有名なフランス文学作品を語彙数を限定してリライトしたシリーズなので非常に読みやすくなっています。

【詳細】
日程:11月27日 (日) 13h30〜15h00
講師:David Garcia ダヴィッド・ガルシア 
参加費:会話サロンのチケット1回分
※チケットをお持ちでない方は1回3,090円で参加できます。
(通常授業の振替チケットは利用できません)

作品:『ボタン戦争』(仏題: La guerre des boutons)
作家: ルイ・ペルゴー Louis Pergaud

参加者は事前に本を読んでおいてください。
(本は当校でも購入できます)。

お申し込みは電話やメール、当校受付にて。
皆さんのご参加、お待ちしています。

Bonne Lecture!!!!

37éme salon de lecture

2016.05.31 21:42|Salon de lecture
毎回1冊の本について感想を自由に述べ合う「Salon de Lecture」。
37回目の今回はJules Verneの「Vingt Mille Lieues Sous les Mers」を取り上げます。

grmbl.jpg

【あらすじ】
ときは1866年、大西洋に謎の巨大生物が現れた!異形の怪物のうわさばなしに人々はおののきあわてふためく。白鯨か?それとも伝説の怪獣か?
アロナクス教授はその正体を暴くため、使用人のコンセイユとともに高速フリゲート艦に乗り込みます。そこから奇想天外な旅が始まります。少年から大人までをも魅了する海洋冒険ロマンの傑作です。

有名なフランス文学作品を語彙数を限定してリライトしたシリーズなので非常に読みやすくなっています。

【詳細】
日程:8月28日 (日) 13h30〜15h00
講師:Benjamin GUILBERT バンジャマン・ギルベール 
参加費:会話サロンのチケット1回分
※チケットをお持ちでない方は1回3,090円で参加できます。
(通常授業の振替チケットは利用できません)

作品:『海底二万里』(仏題: Vingt Mille Lieues Sous les Mers )
作家: ジュール・ヴェルヌ Jules Verne

参加者は事前に本を読んでおいてください。
(本は当校でも購入できます)。

お申し込みは電話やメール、当校受付にて。
皆さんのご参加、お待ちしています。

Bonne Lecture!!!!

Salon de lecture : La Patiente 〜 僕と彼と彼女と 〜

2016.03.02 14:20|Salon de lecture
毎回1冊の本について感想を自由に述べ合う「Salon de Lecture」。
36回目の今回はJean-Philippe Mégnin の「La patiente」を取り上げます。

image la patiente

【あらすじ】
静かな産婦人科医の診察室に、ある日彼女は突然やって来た。

エレガントで美しく、一目で惹き付けられる容貌の彼女は
しかし、なにか不安を掻き立てられる雰囲気がある。

彼女の訪問によって、診察する立場の彼のほうが
自分の生活を診察されていくような感覚を抱く。

徐々に浮かび上がる、ある男性の存在。

3人の人生が交差しつつ物語は進む。

第一部は「僕」の独白。第二部は「彼女」の独白。

【著者略歴】
著者ジャン=フィリップ・メニャンはブザンソン近郊のドルで暮らす、科学史の教師。

2010年に最初の小説 La Voie Marionを出版。後にジュラ県のアミカル・ドゥ・ラ・プレス文学賞を受賞。
2012年に本作La patiente を執筆。斬新な語り口とストーリー構成が本国フランスで話題となる。
2014年日本語の翻訳版が出版される。

【詳細】
日程:5月29日 (日) 13h30〜15h00
講師:Benjamin GUILBERT バンジャマン・ギルベール 
参加費:会話サロンのチケット1回分
※チケットをお持ちでない方は1回3,090円で参加できます。
(通常授業の振替チケットは利用できません)

作品:『僕と彼と彼女と』(仏題: La patiente )
作家: Jean-Philippe Mégnin (ジャン=フィリップ・メニャン)

参加者は事前に本を読んでおいてください。
(本は当校でも購入できます)。

お申し込みは電話やメール、当校受付にて。
皆さんのご参加、お待ちしています。

Bonne Lecture!!!!

35回 Salon de lecture 「Le médecin malgré lui」

2015.12.01 13:24|Salon de lecture
毎回1冊の本について、感想、疑問点などを自由に話し合う「Salon de Lecture」。
35回目は「Le médecin malgré lui」に決まりました。
1035051-gf.jpg
酔っぱらっては暴力を振るう木こりのスガナレルに妻は復讐を企てます。それは「彼が実は優れた医者なのに、棒で殴らないとそれを認めない」と言いふらすこと。それを聞いた人々は次々とスガナレルの元を訪れ、「自分は医者ではない」という彼に、噂で聞いていた通りに棒で叩きます。医者でないことを信じてもらえないスガナレルはどうすれば殴られないで済むか、、、。 医者のふりをして人を欺くしかありません。医学用語を使い医者の真似をして、次第に医者のふりがうまくなりますが、いつかは嘘が見抜かれてしまうのでしょうか。フランス社会の風刺と、夫婦喧嘩など日常にも通じるカリカチュアを巧みに描き、医者嫌いのモリエールが皮肉たっぷりに書いた戯曲でモリエールの最高傑作とも言われています。

日程:2月28日 (日) 13h30〜15h00
講師:Benjamin GUILBERT バンジャマン・ギルベール 
参加費:会話サロンのチケット1回分
※チケットをお持ちでない方は1回3,090円で参加できます。
(通常授業の振替チケットは利用できません)

作品:『いやいやながら医者にされ』(仏: Le médecin malgré lui)
作家: Molière(モリエール)

moliere_201512011323430be.jpg

参加者は事前に本を読んでおいてください(本は当校でも購入できます)。
お申し込みは電話やメール、当校受付にて。
皆さんのご参加、お待ちしています。


↓↓学校に関する詳しいお問い合わせはこちらをクリック


TEL.: 03-3486-0120(受付時間 月~金:12~20h、土日10~18h)
渋谷区神宮前6-28-6 キュープラザ原宿 5F
e-mail : info@eltokyo.jp(終日受付。但し返信に少しお時間をいただく場合があります)

第32回 Salon de lecture 「Le Petit Prince」

2015.03.07 11:51|Salon de lecture
毎回1冊の本について、感想、疑問点などを自由に話し合う「Salon de Lecture」。
32回目は「Le Petit Prince」に決まりました。
Le-Petit-Prince.jpg

世界中で読まれている不朽の名作、「星の王子さま」。
王子が出会う人々はどこか私たちに似ていて、大切なものを忘れていることを思い出させてくれます。

―大切なことは目に見えないんだよ。
この言葉以外にも、心に響くメッセージがいくつも出てきます。
大人になった今だからこそ、わかることがたくさんあるはず。今一度、読み返してみませんか。


日程:5月31日 (日) 13h30〜15h00 (満員) / 15h10〜16h40 (残り1席です)
講師:Benjamin GUILBERT バンジャマン・ギルベール 
参加費:会話サロンのチケット1回分
※チケットをお持ちでない方は1回3,090円で参加できます。
(通常授業の振替チケットは利用できません)

作品:「Le Petit Prince」(星の王子様)
作家: Antoine de Saint-Exupéry(アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ)
AVT_Antoine-de-Saint-Exupery_9395.jpg

参加者は事前に本を読んでおいて下さい(本は当校でも購入できます)。
お申し込みは電話やメール、当校受付にて。
皆さんの参加、お待ちしております。


↓↓学校に関する詳しいお問い合わせはこちらをクリック


TEL.: 03-3486-0120(受付時間 月~金:12~20h、土日10~18h)
渋谷区神宮前6-31-21 オリンピアアネックス 6F
e-mail : info@eltokyo.jp(終日受付。但し返信に少しお時間をいただく場合があります)


ブログランキングに参加しています。
ご訪問、応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村